そばかす改善にビタミンCが有効?【効果を徹底紹介!】

そばかすの治療にビタミンCが有効だと言われますが、なぜでしょうか。今回は、そばかす治療にビタミンCが効果のある理由を紹介します。

 

ビタミンCがそばかすに効果のある理由とは?

 

ビタミンCは、そばかすの原因であるメラニン色素を作りだすチロシンという物質を抑えて、メラニン色素の沈着を抑制する働きがあります。

 

そのため、ビタミンCはそばかすの予防に役立つと言われています。また、メラニン色素の生成を防ぐことで、紫外線などの刺激によって生成された過剰な活性酸素を取り除くので、くすみのない透明感のある肌を作るなどの美肌効果も期待できます。

 

<ビタミンCを含む食材>

 

ビタミンCは体内で生成されないので、食べ物やサプリメントなどから摂取する必要があります。ビタミンCを含む食べ物は以下の通りです。

 

赤・黄ピーマン、ゆず、ぱせり、ケール、にがうり、レモン、柿、キウイフルーツなど

 

ビタミンCといえばレモンをイメージする方も多いと思いますが、意外とビタミンC含有量が一番多いのは赤・黄ピーマンとなります。食事中に意識して、ビタミンCを多く含む食材を食べることをお勧めします。

 

<ビタミンCの働きを高める成分とは?>

 

ビタミンCは、ビタミンEやカロテノイドと一緒に摂取するとより強力な働きができます。その理由は、ビタミンEもカロテノイドも高い抗酸化力があるので、一緒に取ることでよりそばかす改善作用の効果を発揮するためです。

 

ビタミンEは、抹茶、あんきも、すじこ、アーモンド、落花生といった食材に豊富に含まれています。カロテノイドは、トマトやほうれん草などの緑黄色野菜や鮭に多く含まれています。

 

ビタミンC、ビタミンE、カロテノイドを日ごろから摂取するには、緑黄色野菜や果物、ナッツ類を積極的食べることをお勧めします。

 

<ビタミンCの1日に必要な摂取量は?>

 

ビタミンCがそばかすに効果があることはお分かりいただけたかと思いますが、そばかす対策にビタミンCを摂取する際、1日にどれくらい摂ればよいか気になるのではないでしょうか。

 

そばかすへの効果を得るためには、1日でビタミンCを1000mg摂る必要があると言われています。

 

ただ、腎臓の機能が悪い方では余分なビタミンCが上手く排泄されないことがありますので、腎臓結石になったことがある方などは、きちんと医師に相談して摂取量を決めるようにしましょう。
また、過剰にビタミンCを摂取してしまうと下痢、吐き気、頭痛などのといった症状が出ることがあるので、1日5000mg以上摂取しないように注意する必要があります。

 

まとめ

 

以上、ビタミンCがそばかすに効果がある理由と、ビタミンCを多く含む食材や摂取量についてご紹介しました。

 

ビタミンCは、身近な食材にも含まれている成分なので意識して日常的に摂取されることをお勧めします。サプリメントで手軽に摂取することもできますが、今回ご紹介したように過剰摂取だけはしないようにしてくださいね。

 

今回の記事を参考にして効率的にビタミンCを体に取り入れて、そばかすを改善していって頂けたらと思います。

 

>>そばかすに効く「フレキュレル」の詳細はこちら