そばかす治療法ってどんなの?【皮膚科での治療法を紹介!】

そばかす治療として皮膚科ではどのようなことが行われているのでしょうか。今回は、皮膚科で行われているそばかす治療をご紹介します。

 

皮膚科で行われるそばかす治療を紹介!

 

皮膚科で行われるそばかす治療は以下の通りです。

 

<レーザー治療>

 

レーザー治療は、メラニン色素に反応する光を照射することでそばかすの細胞を破壊する方法です。

 

1回の照射でそばかすが消えることもあるくらい、そばかす治療の中で最も効果がある治療法と言われています。ただ、施術中にゴムで強く弾かれたような痛みを感じたり、費用が高いなどのデメリットもあるので、レーザー治療を受ける際はきちんと医師の説明を聞くようにしましょう。

 

また、レーザー治療を受けた後はダウンタイムがあります。レーザーを照射後、肌が赤くなり、そばかす部分が火傷をしたような状態になります。その後、1〜2週間でそばかすがかさぶたとなって剥がれ落ち、赤い跡が残ります。その赤い跡も1〜2か月ほどでなくなり、半年くらい経過すると周囲の肌と見分けがつかないくらいに綺麗になります。

 

このように、施術後にすぐそばかすが消えるということはなく、肌が綺麗になるまで半年間くらいの期間がかかることに注意が必要です。

 

<光治療>

 

光治療は、レーザーとは異なる波長の光で色素を分解する方法です。レーザー治療と同様、ゴムで弾かれたような痛みを感じることがあります。

 

レーザー治療より肌に優しく、赤みやかさぶたが出来ないのが特徴で、そばかす治療の他、肌の透明感やハリがアップするなどの美容効果も期待できる治療法となります。

 

ただ、しっかりと効果を出すには回数がかかるので、費用が高くなるというデメリットがあります。費用は1回およそ2万〜3万円ほどとなります。

 

<ケミカルピーリング>

 

ケミカルピーリングは、肌に薬剤を塗って古い角質を剥がすことで、ターンオーバーを正常化して肌トラブルを治療する方法です。

 

ケミカルピーリングによって皮膚の新陳代謝を活性化し、表皮にとどまっているそばかすを肌表面まで押し上げて、角質とともにはがすことでそばかすを治療します。

 

治療期間は長期に渡り、数か月から数年程かかるので、その間3週間から1か月のペースで通院する必要があります。費用は保険適用ではないので、1回でおよそ1万〜2万円ほどかかります。

 

まとめ

 

ここまで、皮膚科で主に行われるそばかす治療についてご紹介しました。どの方法もそばかす治療に効果の高い方法にはなりますが、費用が高い、痛みがある、通院する必要があるなどのデメリットもあるので、施術を受ける前にきちんと医師から説明を受けるようにしましょう。

 

皮膚科に通うより、もっと気軽に治療を行いたい場合はフレキュレルのような美容クリームを使用する方法もありますので、自分に合った方法でそばかす治療を行われることをお勧めします。

>>そばかすに効く「フレキュレル」の詳細はこちら