そばかすは色白の人にできやすいってホント?

よく色白の人はそばかすが出来やすいと言われますが、それは本当なのでしょうか。今回は、色白の人はそばかすが出来やすいと言われる理由をご紹介します。

 

色白の人にそばかすが出来やすい理由とは?

 

そばかすは、遺伝的要素が影響する先天性と、遺伝とは全く関係なく育った環境が影響する後天性の2つの要因でそばかすが出来ていると言われています。色白の方にそばかすが出来やすいのは、先天性の場合が多いです。それは、色白の人は、メラニン色素が少ないため紫外線を吸収しきれずに、より紫外線の影響を受けるためです。

 

そばかすの治療法とは?

 

<先天的要因の場合>

 

肌トラブルのない子供の頃からそばかすが出来ている場合は、先天性が原因の場合が多いです。その場合、ある程度年齢を重ねると薄くなっていくことが多いので、子供時代にそばかすが多いからといって、過剰に心配する必要はないと言えます。ただ、そばかすを増やさないためにも紫外線対策などそばかすが出来ないように日々スキンケアをする必要はあります。

 

<後天的要因の場合>

 

成長するにしたがって出来た後天的なそばかすは、遺伝的要因は関係なく紫外線や生活環境が原因の場合が多いので、そばかす改善のために行動を起こす必要があります。そばかすからシミになることもありますので、色白の人は特にそばかす対策を念入りに行うようにしましょう。

 

具体的な治療法を紹介!

 

後天的に出来たそばかすの治療法を以下に挙げます。

 

治療法1.レーザー治療

 

そばかすの治療法として一番メジャーなのがレーザー治療ではないでしょうか。レーザー治療は、レーザーがメラニン色素に反応してそばかすの細胞を破壊することで、そばかすを消すという治療法です。1回のレーザー治療でそばかすが消えることもあり、非常に効果が高い治療法だと言われています。

 

ただ、レーザー治療を受けた後にダウンタイムという期間があります。レーザー治療後は肌が赤くなり、やけどをした状態になります。その後1〜2週間でそばかすがかさぶたとなって剥がれ落ち、赤い跡が残ります。その赤い跡も1〜2か月で薄くなり、半年ほど経過すると周囲の肌と見分けがつかないくらい綺麗な状態になります。このことから、レーザー治療後すぐそばかすが消えるというわけではありません。さらに、施術中にゴムで弾かれたような痛みを伴うことが多く、治療費も高く数万円かかるというデメリットもあります。レーザー治療を受ける際は、肌トラブルや費用面などのデメリットの部分もしっかりと吟味した上で、行うようにした方がいいかもしれませんね。

 

治療法2.薬の服用

 

そばかすの治療法で、ハイドロキノン軟膏やトレチノイン軟膏といった塗り薬を使った方法があります。

 

ハイドロキノン軟膏は、お肌の漂白剤と言われるくらい肌を白くする効果の高い軟膏です。ただ、効果が高い分必ず専門医の指示のもと使用する必要があります。

 

トレチノイン軟膏のトレチノインという成分は、ビタミンAの誘導体の働きがあるので、ビタミンAの50〜100倍の効果があると言われています。ビタミンAは、肌の新陳代謝を促進して、ターンオーバーを正常にする働きがあるので、トレチノイン軟膏のそばかすへの効果の高さが分かりますよね。

 

そばかすへの効果が高いハイドロキノン軟膏とトレチノイン軟膏ですが、どちらも皮膚科で処方してもらう必要があります。費用も保険適用ではないため1万円程かかります。費用面と通院することに問題がない方は、そばかす対策で一度お試しされてもいいかもしれませんね。

 

まとめ

 

以上、色白の人にそばかすができやすい理由と、そばかすの治療法をご紹介しました。

 

今回ご紹介したそばかすの治療法では、費用が高かったり、通院する必要があるといった点もありと、中々手が出しづらい方もいるのではないでしょうか。

 

そのような方には、自宅で手軽にそばかすへの効果が高いフレキュレルのような美白ヘア商品を使用されることをお勧めします。色白の方はそばかすが目立ちやすいですし、自分に合った治療法で、後天的に出来てしまったそばかすを改善して行けたらいいですよね。

 

>>そばかすに効く「フレキュレル」の詳細はこちら