そばかす消したい!そのための方法は?日焼け止めの注意点

そばかす消したい!人、っていうと、日本には多いですね。アメリカでは色白が当たり前で、遺伝子の影響でそばかすができる人が多い。そんな人のなかでは、そばかすは消したい!というよりは、チャームポイントとして生かす人も多いです。

 

日本人の肌は湿気の多い多湿の気候のおかげで、もともとそばかすなど肌荒れができにくい美肌。そんななかでは、やっぱりそばかす消したい!人は多くて、結構、深刻な悩みになっています

 

もともとそばかすができにくい日本人の肌ですから、適切な方法があれば、絶対、美肌になれる可能性は大きいです。「そばかす消したい!人」の参考になるような方法をあげてみました。

 

そばかすを消したい!原因と対策について

 

そばかすの原因

 

まずは、そばかすになる原因。同じ紫外線を浴びても、シミになる人とそばかすになる人がいます。この違いは「遺伝」。遺伝だからって、あきらめないでくださいね。

 

そばかすになりやすい遺伝を受け継いだ人は、とても色白な方。ただ、外からの刺激を受けやすい肌質なので、そこの部分を毎日のケアで防いであげれば、色白で美肌の理想的な肌になれる人なのです。

 

毎日のケアでそばかすを防ぐ

 

毎日のケア、というと、まずは紫外線対策ですよね。紫外線対策って簡単にいわれちゃうけれど、一年中、どこでも紫外線対策をしなければならないもの。ですが、あまり神経質にならないで、帽子をかぶる、サングラスをかける、日傘をさすなどのほか、次の2点だけ押さえておきましょう。

 

注意点@ 紫外線吸収剤不使用の日焼け止めを使う

 

雨の日でも快晴時の約3分の1、曇りの日でも雨の日の2倍、紫外線を浴びます。一年中、紫外線対策するためには日焼け止めが欠かせませんが、そばかす消したい!人は、紫外線吸収剤不使用の日焼け止めにします。

 

紫外線吸収剤配合の日焼け止めは、伸びが良くて塗りやすいし、汗にも強い、というメリットがあります。ですが、そばかすの人には紫外線吸収剤の刺激が強い場合もあります。できるだけ紫外線吸収剤不使用の日焼け止めを使うようにします。

 

注意点ASPFのチェックとPAのチェックをする

 

SPFとかPAってよく聞くけれど、なかなか本当の意味ってわかりませんよね。手持ちの日焼け止めをみながら、自分の使っている日焼け止めの強さを表すSPFとPAはどのくらいの数字なのか、チェックするのを習慣にしてください。

 

SPF→50以上(50+で表示)まである 日常使いなら35まででOK。アウトドアのレジャーなどでは50+を目途に
PA→+、++といった具合に+が4個まである 日常使いなら++〜+++までで十分。

 

SPFは紫外線のB波を予防してくれる強さで、PAは紫外線のA波を予防してくれる強さです。そばかす消したい!人は、メラニン色素を増加させるB波に注意します。SPFは必ずチェックしましょう。

 

ストレスチェックもしてみよう

 

そばかすにはストレスも影響します。肌へのストレス、仕事のストレスなど、自分でストレスチェックをしてみてください。

 

そばかすになるのは紫外線だけではなく、ストレスから生まれる活性酸素も影響します。肌をゴシゴシ洗ったり、むやみに触ったりすることも肌からみればストレス。暴飲暴食、睡眠不足、運動不足というのも身体からすればストレス。そばかす消したい!人は、ストレスフリーな生活をめざしましょう。

 

自分に合うそばかすケアの美白クリームを、夜寝る前、ゆっくりと顔に塗ることも、ストレスフリーの生活に役立ちます。紫外線吸収剤不使用や香料、着色料、パラベンフリーの薬用クリームもあります。活用してください。

 

>>そばかすに効く「フレキュレル」の詳細はこちら