そばかすの治し方、一番大切なことは?

そばかすの治し方、一番大切なことは?

 

そばかすの治し方は、まず、本当にそばかすなのか、の診断です。次はそばかすケア。医療機関で治すのか、ホームケアで治すのか、治し方の選択です。あと大切なことは?

 

そばかす治したいけれど、何から始めたらいいか、わからない。できれば、あまりお金もかからない、簡単な方法で治ればいいんだけど。皮膚に現れる肌トラブルは、長い経過を経てきたもの。なので、根本的な治し方は、継続してやれるものを長く続けていくこと。
そもそも、それって本当にそばかすなの?というところから、そばかすの治し方は始まります。

 

そばかすの治し方第一段階

 

そばかすだとずっと思っていたら肝斑だったとか、小さいシミだったとかいうこともあります。皮膚のトラブルは、まず、診断から始まります。

 

市販薬で治すとか、美白化粧品で治すとか、レーザーで治すとか、治し方はいろいろありますが、自分の肌トラブルは本当にそばかすなのか、を知るところから始まります。

 

皮膚科に行くのが確実で手っ取り早いですが、ちょっと面倒という方は、皮膚科のホームページにもそばかすの見分け方がのっていますから、それを参考にして自分のそばかすが本当にそばかすなのか、見分けてください。

 

そばかすの治し方第二段階

 

ここからは皮膚科などの医療機関で治療するか、ホームケアのみか分かれます。医療機関で治療してもホームケアは必須事項なので、ホームケアの仕方は参考になります。

 

皮膚科や美容クリニックでは、表皮から、その奥の真皮に沈着したメラニン色素の深さや厚みにあわせて、塗り薬、飲み薬、レーザー治療などを組み合わせて治療がすすみます。診断は、皮膚分析カメラで行うところもあります。レーザー治療は保険が効かない自由診療なので、医療機関によって違うので気をつけます。

 

ホームケアとしては、

 

・紫外線対策を徹底させる(一年中、紫外線対策をする)

 

・正しい洗顔方法を身につける

 

(肌に指があまり当たらないような洗顔方法、ゴシゴシ洗いをしない)

 

・自分に合う美白化粧品を使い続ける

 

(セラミドを含む美白化粧品は肌なじみがいいので肌への負担が少ない。また、なるべく乳液、化粧水といったラインづかいより、オールインワン化粧品のように1個ですませられるものは負担が少ない)

 

・頻繁ではないピーリング(頻繁にすると、そばかす肌の人は肌荒れすることも)

 

・ビタミンA、C、Eを含む食事をする(美肌には大切)

 

・ストレス対策(ストレスは活性酸素を発生させ、メラニン色素が生成される)

 

・市販薬やサプリメントの活用(自分に合うものを使う)

 

などが考えられます。

 

そばかすの治し方第三段階

 

医療機関で治すにしても、ホームケアだけにする場合も、自分が納得できるほど治すには費用も時間もかかります。いまのところ、肌トラブルは即効では治りません。

 

そんな時、大切なのは、この第三段階。「気にし過ぎない」こと。メイクでコントロールカラーやコンシーラーを使って、そばかすを目立たなくすることもできるし、毎日のていねいなホームケアで肌の生まれ変わりであるターンオーバーが整って、本当にそばかすが薄くなることもあります。

 

気にし過ぎでストレスになって、なんてことがないようにしてください。夜寝る前に、ゆっくりと優しく美白化粧品を顔に塗るだけで、気持ちが落ち着く効果もあります。この第三段階、一番大切かも。

 

>>そばかすに効く「フレキュレル」の詳細はこちら