そばかすに効果のある飲み薬とは?【4種類の薬を徹底紹介!】

そばかす治療を行う際に、飲み薬を処方されることがあります。処方される飲み薬は一体どんな薬なのでしょうか。今回は、そばかす治療の際に処方される飲み薬を紹介します。

 

そばかす治療に効果のある飲み薬とは?

 

そばかす治療に効果のある飲み薬は以下の通りです。

 

<ビタミンC>

 

ビタミンCは、抗酸化作用があり、メラニンに働きかけて色素沈着を緩和する働きがあります。お肌のコラーゲンの生成に関わる成分でもあり、身体の中で生成できないため、飲み薬や食べ物から摂取する必要がある成分です。

 

<ビタミンE>

 

そばかすの原因となるメラニン色素は活性酸素が原因で作られます。ビタミンEは、抗酸化力が高いので、活性酸素を消去してメラニンが作られる過程をブロックします。ビタミンCと一緒に服用することで相乗効果が期待できます。

 

<L-システイン>

 

L-システインは、たんぱく質を構成するアミノ酸の一つで、皮膚の健康を保つ働きやメラニン色素の抑制、お肌のターンオーバーを整えて、メラニンを自然に排出する働きといった美白効果が高い成分です。L-システインもビタミンCと相性が良く、一緒に服用することで相乗効果が期待できます。

 

美白効果を高めたいがために、極端に過剰摂取をしてしまうとかえって悪影響になる可能性が考えられます。そのため、必ず用法、用量を守って服用するようにしましょう。

 

<トラネキサム酸(トランサミン)>

 

トラネキサム酸は、もともとは医療現場で止血剤として使われていた成分です。色素沈着の抑制効果があり、メラニンの生成を抑えることでそばかすを事前に予防することができると言われています。

 

そばかす治療に効果のあるトラネキサム酸ですが、副作用を感じることがあります。トラネキサム酸の副作用は、血が固まりやすく血栓ができやすいことです。内服薬として長期に渡って服用すると血液が溶けにくくなる場合もあるので注意が必要です。

 

脳梗塞や心筋梗塞血栓性静脈などの病気を引き起こす可能性があるので、もともと病歴のある方や腎不全の方は服用前に医師に相談をするようにしましょう。

 

このように副作用もあるトラネキサム酸ですが、外用薬や化粧品として使用する分には心配ないようですので、飲み薬として服用できない方は外用薬を使用することをお勧めします。

 

まとめ

 

以上、そばかす治療の際に処方される飲み薬を紹介しました。

 

今回ご紹介した飲み薬の価格は病院によってまちまちで、保険適用の有無も病院によって変わってきます。ですので、受診する前に、一度病院へ問い合わせされた方がいいと思います。
また、そばかすが改善するまで通院する必要もあります。忙しくて通院する時間がないと感じる方は、自宅でお手軽にそばかすが治せるフレキュレルのような美容クリームを使用する方法もあるので、お勧めです。

 

>>そばかすに効く「フレキュレル」の詳細はこちら