そばかす肌の洗顔はどうすればいい?やり方を教えて!

そばかすが洗顔でキレイになれるなら・・・。こんなうれしいことはないですが、そばかすになりやすい敏感肌の方にピッタリな洗顔ってあるみたいです。

 

敏感肌の人って、もともと乾燥肌。肌が持っている天然の皮脂成分を取り過ぎないように、やさしくていねいに毎日洗顔すれば、健康な肌になることもできます。

 

それだけ洗顔って大切。洗顔に適した温度、回数、洗顔料の選び方、洗い方など、もう一度、見直してみませんか。もともと色白の方が多いそばかすの方、色白でそばかすがキレイになれば、絶対、美肌になること請け合いです。

 

洗顔の回数は?

 

一日、何回ぐらい洗顔していますか?正解は、朝、晩の2回です。テカってきたらすぐ洗顔したくなる、なんていう気持ちもわかりますが、洗顔のし過ぎは、肌がもっている天然の皮脂成分を取り去ってしまうのです。せっかくの天然の成分、大事にしましょう。

 

朝は軽めに、夜はお化粧や汗やアカを落とすために念入りに、を心掛けます。朝は水洗顔だけ、というのもアリ。朝は、そのぐらい軽めにします。

 

洗顔料は何を使う?

 

洗顔料というと、洗顔フォームと洗顔石鹸がありますよね。どちらを使っていますか?そばかすの方は、洗顔石鹸にしましょう。洗顔フォームと洗顔石鹸の違いは、合成界面活性剤が含まれているかどうか。そばかす悩みさんは、当然、合成界面活性剤が含まれていない洗顔石鹸ですよね。できるだけ天然の洗浄成分のみの石鹸を使います。

 

すすぎは水?

 

すすぎは水ですか?残念ながら、水では汚れが落ちにくいのです。かといって、熱いお湯でもダメ。皮脂を落とし過ぎてしまいます。普通肌の人は、適温が32℃くらい、といわれています。

 

そばかす悩みさんは敏感肌なので、それよりも多少低め、30℃ぐらいがいいでしょう。気をつけてほしいのが、シャワーで洗い流すこと。ただでさえ過敏な肌に水圧がかかるわけですし、シャワーの温度は高めですから、皮脂が溶けて乾燥してしまいます。

 

洗顔のやり方は?

 

いよいよ、大事な洗顔方法。その前に、洗顔の目的の再確認です。「洗顔は、肌の汚れを落とす」こと。落とし過ぎない、落とし忘れがないように洗顔して、肌細胞の生まれ変わりであるターンオーバーをできるだけやりやすく、そして、その後の化粧水などのスキンケアが浸透しやすくするために行うものです。

 

なので、注意点としては「肌にできるだけ負担をかけない洗顔をする」こと。
そのために、

 

・洗顔石鹸はよく泡立てること
・ゴシゴシ洗いはしない
・石鹸をすすぐ時も優しく
・タオルでゴシゴシ拭かない

 

洗顔の一連の流れ全部を力を入れて行わないこと、肌に直接触れるのを少なくすることが大切なのです。

 

まとめ

 

そばかす悩みさんに向いた洗顔の後は、そばかす対策の化粧品で十分、保湿してあげます。洗顔をすると、天然の皮脂成分だけではなく、肌の一番上の角質層に含まれるセラミドや天然保湿因子も一緒に流れてしまいます。

 

そばかす対策の化粧品は、セラミドを含んでいたり、十分な保湿ができるものを選ぶようにするといいでしょう。

 

>>そばかすに効く「フレキュレル」の詳細はこちら