そばかすはストレスが原因にもなる?

過剰なストレスを感じることにより、そばかすが増えるということをご存知ですか?

 

なぜ、ストレスでそばかすが増えるか気になりますよね。そこで今回は、ストレスが原因でそばかすが増える理由と、そばかすの治療法についてご紹介します。

 

ストレスでそばかすが増える理由とは?

 

そばかすの原因は様々ありますが、活性酸素が原因となっていることもあります。

 

活性酸素が増加すると、肌の内側にあるコラーゲンやエラスチンが破壊されてしまい、肌のターンオーバーの周期が乱れてしまいます。

 

ターンオーバーが正常に行われないことで、古い角質が残ったり、メラニン色素の排泄が滞り色素沈着が起こります。その結果、そばかすやシミが出来てしまいます。

 

そばかすやシミの原因となる活性酸素は、紫外線によって発生しますが、ストレスが原因で発生することもあります。

 

人は、ストレスを感じると、副腎皮質からコルチゾールというストレスホルモンを分泌します。長期に渡ってのストレスや短期間であっても強いストレスを感じると、このコルチゾールの分泌量に異常をきたします。

 

通常より多くコルチゾールが分泌されると、活性酸素が大量に作られます。その結果、そばかすやシミが出来てしまいます。

 

このことから、ストレスはそばかすやシミの原因となるので、自分なりのストレス発散法を見つけて、あまりストレスは溜めないように心掛けることをお勧めします。

 

そばかすの治療法とは?

 

ここまで、ストレスによってそばかすが出来る理由をご紹介しました。ここから、ストレス等が原因で出来てしまったそばかすを治療する方法をご紹介していきます。

 

そばかすの治療法で主に行われているのが、レーザー治療、ケミカルピーリング、薬を内服するという3つの方法です。それぞれの治療法の特徴は以下の通りです。

 

<レーザー治療とは?>

 

レーザー治療は、レーザーがメラニン色素に反応してそばかすの細胞を破壊することで、そばかすを消す方法です。1回の照射で、そばかすが消えることがあるほど効果の高い治療法となります。しかし、保険が効かないため費用が高く、そばかすが消えるまで半年程かかる等のデメリットがあります。

 

<ケミカルピーリングとは?>

 

ケミカルピーリングは、皮膚科でよく行われる治療法の一つです。医薬品を皮膚に塗布し、古い角質を剥がして新しい皮膚を再生させるという画期的な治療法です。表皮を一気に剥がして新しい肌にする治療法なので、そばかすの他にシミやシワ、くすみ、ニキビにも効果があると言われています。この治療法も保険が効かないので費用が高く、定期的に通院する必要があります。

 

<薬を内服する方法とは?>

 

皮膚科では、そばかすの改善効果が高いトラネキサム酸を含んだ薬を内服する方法や、ハイドロキノン軟膏やトレチノイン軟膏をそばかすに直接塗り、そばかすを消す方法もあります。

 

まとめ

 

以上、そばかすの主な治療法を紹介しました。

 

この3つの治療法はそばかすへの効果が高いものばかりですが、通院が必要だったり、保険が効かないため費用が高いなどのデメリットの部分もあります。そこで、もっとお手軽にそばかすの改善をしたい方には、自宅でできるフレキュレルのような美容クリームを使う方法をお勧めしたいと思います。

 

今回の記事を読みストレスがそばかすの原因になることもご理解いただけたと思います。

 

ストレスは中々日常生活から取り除くことは難しいので、ストレスが溜まらないように自分なりのストレス解消法を身に付けられたらいいですよね。

 

そして、そばかすの治療もクリニックへ通う方法から自宅で行う方法まであるので、継続しやすい方法でそばかす治療を行って頂けたらと思います。

 

>>そばかすに効く「フレキュレル」の詳細はこちら