そばかすを薄くするには?皮膚科に行く前に試すこと

気になるそばかすですが、薄くする、っていうと美白ですよね。美白というと3つの種類があります。予防美白、代謝美白、還元美白の3種類。それぞれ代表的な成分があって、自分に合う美白に応じてくれる化粧品を使うことで、美白に近づけます。

 

その他で、そばかすを薄くするには、そばかすを消すメイクをすること、皮膚科でレーザー治療を受けること、食事でビタミンA、C、Eをとることなどがあります。

 

そばかすの人は敏感肌の人も多いので、薄くすることで肌が過剰な刺激を受けないことが大切です。まず、皮膚科に行く前にする方法を探ってみました。参考にしてください。

 

代謝美白をめざす化粧品を長く使う

 

そばかすを薄くするのは、色素を薄くすること。そのためにはメラニンを抑制して排出するという代謝をよくすることが必要です。

 

肌の一番下から新しい細胞が古い細胞をどんどん押し上げていって、最後は古い細胞や肌に残っているメラニン、老廃物などをアカとして排出してくれるのが代謝。これが正常に整っていると、そばかすは薄くなります。

 

厚生労働省に認可されている美白成分を含む医薬部外品は、代謝をよくする成分もあるので、それを目安に自分の肌に合う美白化粧品を長く、最低3ヵ月程度は使い続けます。

 

還元美白成分として色素を漂白する効果があるハイドロキノンは、そばかすになりやすい敏感肌の人には刺激が強く感じることもあります。そばかす肌には還元美白よりも代謝美白が合います。

 

その他の美白成分として注目なのは、油溶性甘草エキス。消炎作用があるので、かぶれにくく、敏感肌の人も安心して使えるよさがあります。

 

そばかすを消すメイクで精神的効果

 

そばかすを目立たなくするメイクを利用するのもいいです。メイクでそばかすが実際に薄くなることはないですが、メイクをすることで薄くなって美肌を実感することで、精神的効果も得られてストレスが緩和することにもなります。

 

そばかすを薄くするメイクは、そばかす部分を目立たなくし、そばかす以外の部分を透明感ある肌に仕上げること。コントロールカラー、コンシーラー、ハイライトを使って、薄く薄く仕上げていくのがコツです。

 

そばかすが目立たなくなるだけではなく、ていねいに肌をこしらえていく過程はストレスも緩和できます。

 

食事でビタミンA、C、Eをとる

 

インナーケアとして、食事は抜きにできません。ビタミンA、C、Eを含む食べ物は肌の代謝をよくするものです。

 

ビタミンAはニンジン、ホウレンソウ、春菊、ビタミンCはパプリカ、パセリ、ゴーヤ、ピーマン、ビタミンEはモロヘイヤなど緑黄色野菜の名前が軒並みあがります。そばかすの色素を野菜の色素で薄くする、という具合に考えていると覚えやすいですね。

 

やっぱり皮膚科や美容クリニックで治療したい、と思ったら、皮膚科で塗り薬や飲み薬を処方してもらったり、レーザー治療も検討します。上のような毎日のケアをしながら皮膚科の塗り薬を使うと、効果は倍増するはずです。敏感肌にも対応できるレーザー治療もあります。

 

まとめ

 

そばかすは気になりますが、気にし過ぎるとストレスになってしまいます。

 

そんな時、美白化粧品を夜寝る前に顔にゆっくりていねいに塗ることで、ストレス緩和の効果も得られます。自分に合う美白化粧品を見つけてください。

 

>>そばかすに効く「フレキュレル」の詳細はこちら